中城はんた前節

  (屋嘉比朝義室)

 

うみなしがやゆら きゆのちちしらや

いちゅいんまさ てぃ かじぬちゅらさ

 

心にそう思ったからだろうか。
今日の月はいつもよりも優れて、月光が清らかで美しい。

 

参考

「ちちしら」=つきしら、この歌では月のことである。窪田空穂氏の「作家辞典」を見ると、つきしろ(月白、月代)は月のこと、または月の出ようとするとき、空の白んで見えるものとある。
月が照り渡って白く光るように見えるのを形容して「月白」といったものが、ついに月の美称になったものであろう。

 

(参考:琉歌の研究〜見里朝慶)
 
琉歌